H26年度 神奈川県立高校の入試問題解説 数学の問2です。

数学 問2 (ア)(イ)(ウ)

(ア)では、乗法公式を使います。
   また、カッコの前の-(マイナス)に注意してカッコをはずします。
(イ)では、置き換えによる因数分解です。
(ウ)では、解の公式を使います。

H26 神奈川県入試数学問2ア~ウ

数学 問2 (エ)

\(x=\sqrt{a}+b,\; y=\sqrt{a}-b\) より
\(xy=a-b^2\)
\(x+y=2\sqrt{a}\)
\(x-y=2b\)
これらを求めて計算します。

H26 神奈川県入試数学問2エ

数学 問2 (オ)(カ)

(オ)では、一次関数、二次関数の変化の割合を使います。

H26 神奈川県入試数学問2オカ

数学 問2 (キ)

(キ)は、図形の問題です。
平行線なので、錯覚・同位角を使います。
そのあとは、三角形の外角・内角の和を利用します。

H26 神奈川県入試数学問2キ

数学 問2 (ク)

(ク)は、相似比の利用の問題です。
相似の図形を作るために補助線を入れます。

H26 神奈川県入試数学問2ク

H26年度 神奈川県立高校 数学入試問題解説

H26年度 神奈川県立高校 数学入試問題解説 問1
H26年度 神奈川県立高校 数学入試問題解説 問2
H26年度 神奈川県立高校 数学入試問題解説 問3(ア
H26年度 神奈川県立高校 数学入試問題解説 問3(イ)(ウ)